忍者ブログ
主に山下達郎氏の記事を中心に
竹内まりやさん、達郎さんとの結婚後の3回のツアーの記録映画。
デビュー40周年記念。


アンフィシアターの夜(2000)

家に帰ろう(2000)

Forever friends(2000)

元気を出して(2000)

駅(2000)

五線紙(2010)

ウイスキーがお好きでしょ(2010)
カバーが多いですが竹内まりや版はいい。

静かな伝説(2014)
(フジTVドキュメンタリーのテーマ曲)

人生の扉(2010)

リンダ(2000)
アン・ルイスへの提供曲

カムフラージュ(2000)

不思議なピーチパイ、September(2000)

J-Boy(2000)

Let it be me(2000)
(達郎さんとのデュエット+コーラス)

いつも使ってるスタジオ紹介とか、デビューアルバムを録音したロスのスタジオなどのロケ映像など。
レア映像あり。

某質問サイトの投稿を参考にしました。恐縮です。
PR

山下達郎サンデーソングブック「2008アコースティックミニライブ特集」
2008年06月26日 00時02分00秒 | Weblog
山下達郎アコースティックミニライブ特集
ヴォーカル&アコースティックギター;山下達郎、キーボード;難波弘之、ベース;伊藤広規

Part1.(6月15日放送)
[01]BOMBER/山下達郎 "GO AHEAD" 78
[02]ドーナツ・ソング/山下達郎 "COZY" '98
[03]PAPER DOLL/山下達郎 "GO AHEAD" 78
[04]FOREVER MINE/山下達郎 "SONORITE" '04
[05]LA VIE EN ROSE~バラ色の人生/エディット・ピアフ(歌;山下達郎) '08
[06]CHAPEL OF DREAMS/B、MYLES (歌;山下達郎)"ON THE STREET CORNER2" '86

Part2.(6月22日放送)
[07] SMOKE GETS IN YOUR EYES(煙が目にしみる)/ Word by Otto Harbach、Music by Jerome kern(歌;山下達郎)"SEASON'S GREETINGS" '93
[08] WHAT'S GOIN' ON/ Marvin Gaye etc(歌;山下達郎)
[09] 蒼氓/山下達郎 "僕の中の少年" '88
[10] さよなら夏の日/山下達郎 "ARTISAN" '91
[11] RIDE ON TIME/山下達郎 '80
ニューシングル「ずっと一緒さ」と山下達郎サンデーソングブック800回記念として行われた無料ライブをほぼ完全版で放送。ヴォーカル(ギター)、キーボード、ベースの3名で行われるアコースティックミニライブは以前は3年毎に行われていたそうだが、ライブはこのところご無沙汰だったんです。Part2のMCでは秋にライブをやる予定とか。今後は1年ごとにライブをしていきたいという話だった。

Part3(6月29日放送)
インフォーメーション
佐橋佳幸ソロアルバム"TRUST ME(DELUXE EDITION)" '93
リマスター再発('08)アルバムより
Zocalo(ソカロ)
ライブよりアンコール(バックは難波弘之&伊藤広規+カラオケ)
[12]ずっと一緒さ/山下達郎
まりやさん登場
[13]LET IT BE ME/Word by PIERRE DELANOE/CURTIS MANN/Music byGILBEART BECAUD/山下達郎&竹内まりや
[14]クリスマス・イブ/山下達郎
終演後の観客にインタビュー
伊藤広規インタビュー
難波弘之インタビュー
NG集;コーヒー・ブルース/高田渡~サンフランシスコ・ベイ・
ブルース/Jesse Fuller(武蔵野たんぽぽ団)(山下達郎 (08/05/10 大阪夜の部) )
おまけ2003年ミニアコースティックライブより、2000tの雨~YOUR EYES/山下達郎
(03/05/11 読売ホール)

東京、高円寺。居酒屋「タイフーン」

2005年3月27日

『仕事さがし』作詞/作曲:高田渡
『失業手当』詩:ラングストン・ヒューズ 訳:木島始 作曲:高田渡/“ぼくの原点"
『アイスクリーム』詩:衣巻省二 作曲:高田渡/“犬の散歩"
『69』詩:金子光晴 作曲:高田渡/“枕元の妻"
『鎮静剤』詩:マリー・ローランサン 訳:堀内大學 作曲:高田渡/“ぼくが来た道"
『ごあいさつ』詩:谷川俊太郎 作曲:高田渡
『コーヒーブルース』作詞/作曲:高田渡 編曲:早川義夫
『銭がなけりゃ』作詞/作曲:高田渡/“この国のかたち"
『しらみの旅』詩:添田唖蝉坊 原曲:A.P.カーター/“空想"
『トンネルの唄』作詞/作曲:朝比奈逸人/“ボーダーライン"
『ひまわり』詩:バーナード・フォレスト 訳:中島完 作曲:高田渡/“幽霊"
『ブラザー軒』詩:菅原克己 作曲:高田渡/“溶鉱炉"
『風』作詞:朝倉勇 原曲:イギリス民謡/“ラストソング"
『夕暮れ』詩:黒田三郎 作詞/作曲:高田渡

(以上AMAZON解説より) 

この後十数日で渡さんは札幌でのライブ後倒れ意識の戻らないまま亡くなった。

いつものように、朴訥な語り、マイペースなまま歌い。特に盛り上げもなく終了する。

らしい。まだすべて見ていないですが渡さん没後の追悼ライブもおまけでついています。

ここでは佐久間順平さんが仕切っているのか。

もう十数年もたっているのか・・・感慨あり・・・。




 

触れてなかったなー。

2016年がん闘病中と公表されていたんだが。やはり2017年10月25日に亡くなる。
同い年なんですねー。早いということなんだけど。残念。

たんにフォークシンガーというだけではなくロック的なんだけど、それをギター一本で演奏するわけなんで、独自なんですよねー。

恐ろしく静かな歌と、激しい歌の同居。若いj機代からそのあたりは全く変わらない。
決してわかりやすくはならない。不思議な・・・。この人、文で書くのは難しい。

まあ曲を聞いてください。youtubeでたくさん出てる。


< musica da Leda 公開生放送!>
〜高田渡はいまどこに?〜
会場 吉祥寺曼荼羅
日程 2017年4月11日火曜日
高田蓮(ヴォーカル、ギター)
佐久間順平(ヴォーカル、ギター、ヴァイオリン)

高田渡さんのトリビュートライブ.
こちらの番組的なライブが行われているとは初めて知ったのですが、MCの二人(レギュラーのバンドメンバらしい)の蓮さん、順平さんとの話で、渡さんの思い出のインタビュー。
歌は少なめだが、ほぼ渡さんのカバー。
あまり聞かない歌など興味深い。
渡さんが意外に運動神経が良く、蓮さんはアイスケート場へよく親子で一緒に行ったらしい。ちなみに友部正人氏がスケートをしているもそちらで見かけたらしい。渡さんも友部さんもスケートがうまかったという話・・意外ですねー。
昨年暮れから、白血病で入院していたらしい。
なんだかなー。こういうことになるなんて、まだ若いのに。
結局、生で聞けたのは若い時だけで、最近のライブは聞いてはいない。
しまった、残念。
合掌(;_:)


 2016.09.11 棚からひとつかみ+リクエスト    SSB #1248 

 1 Cheer Up! The Summer 山下達郎 SSB 09月14日発売ニュー・シングル 

 2 Sleep Walk Santo & Jonnhy SSB 1959

 3 I Did It Again Bobby Cutchins SSB 1977

 4 Everybody Makes A Mistake Sometimes Roy Arlington SSB 1966

5.I'm Tired Of Pretending Sam Hutchins SSB 1968

 6 September Rain (single ver) Frankie Valli SSB 1967

 7 I Gotta Keep My Bluff In Freddie Hughes SSB 1968

 8 Icy Water The Rascals SSB 『Peaceful World』 1971 

 9 Can't Take My Eyes Off You (Live) 山下達郎 SSB 09月14日発売ニュー・シングル
Copyright © 2008 ポップスカズ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS